now loading

Know rice know life

6月12日

奥出雲の「いま」をお伝えしますカテゴリー:日記

今回は、簸上清酒合名会社の田村社長、田村専務にお話を伺いました。

(簸上清酒合名会社の田村社長)

—「七冠馬を楽しめる飲み比べセット」がネットで販売されています。七冠馬を飲み比べはファンからしたらとても素敵な商品だと思いますが、どのような思いで作られたのでしょうか?
田村社長より
来年のお酒を造るためのお米の作付は、もう始まっています。ということは、今、蔵のタンクにあるお酒を空けなくてはいけません。また、5月は外出自粛や飲食店などは休業となり、お客さんが日本酒を飲む機会が減っていました。そんな中、ご自宅で日本酒を楽しんでもらえるよう、企画したのが「七冠馬を楽しめる飲み比べセット」でした。比べ飲みは、蔵元などでしかなかなかできないことですし、お客さんからも喜びの声をいただいています。
(※今後、品物を入れ替えて対応する可能性もあります)

(七冠馬を楽しめる飲み比べセット 税込10,000円)

—先月、オンラインイベント「Zoomで蔵元から学ぶ日本酒会」を開催されたと伺いましたが、どういった経緯でどのような内容だったのですか?
田村専務より
Zoomの使い方は分かっていたので、蔵案内を4月の初めごろに自分でやってみましたが、タイムマネジメントやセキュリティに関して難しいなと思いました。そんな中、横浜の利き酒師の方に今回の「Zoomで蔵元から学ぶ日本酒会」をご提案して頂きました。内容は、事前に参加券付の弊社の商品と他のお店のおつまみセットをご購入していただき、当日参加者は飲みながらリモートで、私たちと利き酒師の方とのトークを聞くというものでした。後半からは、「夜のバーチャル蔵見学」を見て頂きました。20名弱の方に参加して頂き、特に普段なかなか見られない蔵や杜氏の話は貴重だったと思います。

—イチオシの商品を教えてください。
やっぱり七冠馬ですかね。七冠馬でいろいろシリーズを出しています。定番があり、その中でひとり立ちしているのもあったり。また、新しくいいものができ、新商品として登場したり。

(右:純米大吟醸七冠馬 やや酸味がありシャインマスカットのような味わいですっきりしたのどごし)

—田村社長の奥出雲のオススメの場所はどこですか?
2018年料理マスターズブロンズ賞を受賞された、立花さんの和彩空間たち花です。ちょうどさっき「酒粕で使ったデザートを作ったから試食にきて」と電話があったところです。

—田村専務の奥出雲のオススメの場所はどこですか?
きっちん焚菜にはよく行きます。また、舞茸奥出雲はオススメです。愛知の酒屋さんへ送ってあげてとても評判が良かったです。

—とっておきの情報を教えてください!

(株)岡永・日本名門酒会主催の「初呑み切り・ササノハサラサラ」というイベントが今年も企画されました。コロナの影響で企画内容が少し様変わりしましたが、山陰両県加盟店様のきき酒投票により、選ばれたのは純米吟醸でこれが今年の七冠馬「サマーセブン」に。このお酒は加盟店様のみ取り扱いの商材で、〆切りは、は6/22(月)。発売日は、7/7(火)。これは申し込みがないと手に入らないので、お早めの注文お待ちしています。


(純米吟醸七冠馬サマーセブン)

また、商品の写真の一部を田村社長自ら撮られるとのこと!!

カメラを構える、田村社長!貴重な一枚!?

お話を伺った5/22には、「令和元酒造年度全国新酒鑑評会」の入賞が発表されたばかり。簸上清酒さんの「玉鋼」が見事入賞されました。おめでとうございます!

————————————————————
簸上清酒合名会社
島根県仁多郡奥出雲町横田1222番地
定休日 土・日曜日・祝祭日
オンラインショップ 
フェイスブック 

関連記事

過去の記事

奥出雲ふーどじゃーにー